トラックに欠かせないデジタコとは

もう紙なんていらない

クラウドのデジタコなら場所を選ばない

time 2021/06/12

クラウドのデジタコなら場所を選ばない

デジタコを採用しているならクラウドタイプにしないと損です。デジタル化は場所を選ばずに運用できる便利なツールです、特にインターネット通信ができる端末があれば、どこでも運行を把握することができるメリットがあります。メモリカードなどでデータを移動しているような状況では、そのデータがあるコンピュータのところまで行かないと、情報を見ることができません。それでは結局誰かが専門で対応しなければいけません。

クラウドのデジタコなら情報を簡単に共有できます。運行記録はリアルタイムで更新されて保管されます。日報も定期報告も自動で生成でます。安全評価も実施可能なので安全運転の奨励に役立てることが可能です。

そしてその情報すべてをクラウドにアクセスできる誰もが見ることが可能です。ドライバーも自分のデジタコの情報だけでなく、他のドライバーの状況も把握することができます。このような透明性が、運行に良い方向に働く可能性があります。安全評価で少しでも良い結果を出したいとか、自分だけ悪い結果では困るなどの感情が、安全運転につながることになるでしょう。

クラウドタイプで最も有効なのが、事務所に出社しなくても運行状況を見ることができる点です。情報を一括管理することもできるので、固定の場所に事務を設置しなくても問題ありません。今後の働き方改革に利用できるメリットです。端末も選ばないようにできれば、スマートフォンでもタブレットでも確認できます。

down

コメントする