トラックに欠かせないデジタコとは

もう紙なんていらない

低価格のデジタコは高齢ドライバーでも利用しやすい

time 2021/05/09

低価格のデジタコは高齢ドライバーでも利用しやすい

タコグラフは、一定のトラックに対して設置する義務が存在する製品のことです。重要なのが、タコグラフを設置することによってドライバーの安全だけではなく、自社にとって人材を管理するために非常に重要なシステムを低価格で作り上げることができるという点です。トラックのドライバーは、時間外労働で働きすぎてしまう傾向がありますので、そういった状況をきちんと管理しながら仕事を行ってもらわなくてはいけません。タコグラフを利用すると、トラックの運行状況を理解できるようになりますので、ドライバーの身の安全を保障できるようになります。

しかし、従来型のタコグラフでは走行状況を分析するために面倒な作業しなくてはいけませんでした。この点、デジタコを利用すれば面倒な解析作業を行わなくても済むようになりますので、手間やコストを削減できるようになります。大きなメリットとして存在するのが、デジタコには高価な多機能型のものだけではなく安い単機能なものが提供されているという点です。例えば、高齢ドライバーを多く抱えている会社であるのならば、こういった低価格のデジタコを投入することによって、簡単に操作ができるようになります。

ボタン操作ひとつで動かすことが出来ますので、機械操作が苦手な高齢ドライバーであっても、使いこなせます。低価格帯であれば、3万円から5万円程度でトラックに装着できますのでコストを抑えながらドライバーと自社の安全を確保できるようになります。

down

コメントする