トラックに欠かせないデジタコとは

もう紙なんていらない

運転技術の向上にも役立つドライブレコーダー

time 2021/08/03

運転技術の向上にも役立つドライブレコーダー

ドライブレコーダーは走行中の映像を記録し、事故などが起きた場合の証拠を残すための装置です。記録画素数の大きなカメラを備えているものほど、鮮明な映像を残すことができます。画像補正機能を備えたドライブレコーダーもあり、トンネルの出口などで急に明るくなった場合でも画面が白くなり見えなくなることはありません。夜間の走行や暗い場所に車両を駐車している場合には、夜間機能を備えたものを選ぶとよいでしょう。

このタイプのドライブレコーダーは暗い場所でも少ない光を拾って鮮明な映像を記録できます。ドライブレコーダーで撮影された映像はたんに事故などの証拠となるだけでなく、運転技術を向上させるための重要な資料にもなります。後から映像を見返して問題のある行動を確認すれば、次からの運転に役立てることができます。GPS機能を備えたタイプは、走行中の映像だけでなく自車の位置や速度なども記録可能です。

このタイプは日時の補正をGPSが自動的に行うため、自ら設定する必要がありません。安全に自動車を運転したいのであれば、技術の向上に努めるだけでなく支援機能を備えたタイプを選ぶのがおすすめです。信号待ちで前車が発進した場合や車間距離が縮まった場合、車線をはみ出した場合などに通知してくれます。駐車中の車両が心配な場合には、監視機能を備えたタイプを選ぶとよいでしょう。

人目が少ない駐車場などでいたずらや当て逃げが起きた場合にも、確実な証拠を残すことができます。ドライブレコーダーのことならこちら

down

コメントする