トラックに欠かせないデジタコとは

もう紙なんていらない

義務化されたデジタコでメリットになる部分とは

time 2021/04/21

義務化されたデジタコでメリットになる部分とは

デジタコと言って何かわからない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる今までのアナログ式の運行計をデジタル化した物です。コレにはいくつかのメリットがありますので、紹介していきますとデジタル化によって運行記録や運行ルート、まして休憩時間などの管理も行えると言ったシステムとなっています。運行記録は総務省からの義務化の流れもありますので、多くの事業者がデジタコの導入を検討している段階となっています。ここで気になるのがそのデジタコの価格帯ではないでしょうか。

業種によっては何十台といった車両を有している企業もありますので、義務化という流れがあっても簡単に導入できる事には繋がりません。しかし現在の運送状況を加味してみると、安全性がいかに重要化なのかが感じられる出来事が多く見受けられます。ここで言えるのは、運送会社は安全性と到着率が重要視される業界だという事です。義務化というハードルを化して安全性や効率性を進めていく中で、デジタコは非常に有効的なシステムだと感じています。

乗用車はもちろんですが、トラックなどの業務車において事細かに運転状況が把握できるというのはクラウド式の功績だと感じます。運搬の効率化に加えて、運転手の事故率の低下に役立つのがデジタコであるし、実際に事故率が低下したといったデータも見受けられました。これらの事から、デジタルタコグラフの義務化は交通事情において多大なる功績を残しており、事故率の軽減にも一役買っていると言っても良いでしょう。

down

コメントする