就活で事前に用意する履歴書の作り方の基本

就活を行う方は新卒として学生から新社会人になる場合や、転職を目指している方も該当しています。どちらの立場であっても、就活を行う上では事前に必ず用意しなければならない書類というものがあり、時間をかけて作成することが好ましい方法です。代表的なもので最も基本的な書類では、履歴書を挙げることができます。履歴書は書類選考などを行う企業にとっては、最初に応募者の様子を覗う書類になるので、その重要性を理解することが大切です。

履歴書の書き方については、マニュアルなども見ることができますが、大切な要素としては丁寧に文字を書き記すことです。下手な文字であっても丁寧に時間をかけて書くことによって、採用担当者にも気持ちが伝わる可能性を持っています。同時に文字の間隔や文字の大きさなどを項目別に調整することも必要で、例えば氏名などは履歴書の中でも最も大きなサイズで書き記すことも基本です。学歴に対しては、学校名などを省略することなく、正式名で書き記すことも基本になり、転職者の場合では高等学校からの学歴でも可能なケースも見られます。

職歴に関しては新卒者であれば記載する内容は無いことが原則ですが、学生時代に長期的にアルバイトなどを継続していた方ならば、記載することでメリットを得ることができる可能性があります。証明写真も非常に大切な要素を持っていて、本人の容姿から印象を小さな写真一枚で判断されてしまうことがあるので、写真館などを利用した上で、良い表情に仕上がったものを使うことで就活には役立つ書類作りを行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *