フリーランスとして独立するための準備

制作やクリエイティブな仕事を行う方は、いつかはフリーランスで食べていきたいと思うことが多いです。事実、クライアント企業と直接取引ができれば仕事の単価は跳ね上がりますし、商品として最低限のルールや品質を守った上で自分の作りたいものを作ることができます。これは大きなやりがいとなるでしょう。会社の人間関係に苦労していることがフリーランスになる動機である人は、独立後に意外と苦労します。

フリーランスは仕事の一つ一つに顧客の存在が付いて回ります。また、企業間取引とは違い、個々のクライアント企業から大量の案件を受注することはありません。そのためこのクライアントにはこうする、というパターンが膨大なものになります。そして一つ一つのクライアントが人間性をも評価します。

営業職のような人当たりの良さも必要となりますので、在職中に準備しておくと役立ちます。フリーランスとして活動することが近づいてきたとき、少なくとも一社以上の契約を取ってから現職を辞めるようにしましょう。辞めてすぐに生活できるようになるわけではありませんが、全く仕事が無い状態は非常に危険です。何か仕事をしていればそこから新しい仕事に繋がることも多いです。

準備として何か一つ、仕事を得ておくようにしましょう。憧れの要素が強いフリーランスですが、非常に苦労は多いです。時には会社員時代を良く思うこともあります。しかし地道な努力はいつか収入になって返ってくるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *