雑誌の記事もフリーランスが活躍しています

通常はお金を稼ぐためには会社勤めをすることが一般的ですが、お仕事の中には会社勤めをせずに自宅で自分で仕事を探して行うお仕事もあります。雑誌などには芸能人のコメントやインタビュー記事が記載されていますが、これらは、雑誌を販売している企業が書いているのではなく、フリーランスをお仕事としている人がインタビューの様子を録音したテープを聞いて文章にしています。フリーランスは一般の人には縁のないお仕事の様に聞こえますが、実際には非常に身近な場所にフリーランスのお仕事をしている人達がいることを忘れてはいけません。売れっ子フリーランスになると休む暇もないくらいにお仕事の依頼が来るために年収1000万を超える人もいます。

年収1000万と聞くと羨ましく感じますが、記事の作成には必ず納期があり、納期に遅れると依頼が来なくなるために納期を守るために起きている時にはお仕事をしてお仕事をしていない時は、寝ている時だけになります。また、一日中パソコンと睨めっこをしているために目も非常に疲れるために、根気が強い人のみができるお仕事になります。パソコンで記事を作るために文字入力のスピードも重視されるために文字入力が遅い人は稼ぐことが難しいでしょう。人によっては、本職をしながら空いた隙間時間でフリーランスをしている人もいますが、長く続けることで本職に変わる人もいるくらい人気があるお仕事です。

しかし、最初は数百円稼ぐだけでも大変ですが、実力をつけることで本職にすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *