フリーランスは文章力が命です

スポーツ雑誌などにはスポーツ選手のインタビュー記事が記載されていますが、この記事は雑誌の出版会社が記載しているのではありません。インタビューは雑誌の出版会社に所属している専門部署の社員がインタビューをしていますが、社員はインタビューをするだけです。しかし、雑誌にインタビュー記事を記載するためにはインタビューした内容を文章にする必要がありますが、文章にするためには外注に出す必要があります。外注と言っても記事を書くことのみを業務にしている会社へ出すのではなく、フリーランスとして個人で記事を書くことだけを仕事にしている人へ依頼します。

フリーランスは一般の人が行っているためにインターネットを経由して依頼していることから多くの人がフリーランスとして仕事をすることができます。しかし、記事を書いたら必ず報酬が発生するのではなくて、出版会社が記事として使えると認めた場合のみに報酬へと変わります。こうして最も良い記事のみを雑誌の出版会社が買い取るために文章力があるフリーランスのみが仕事をすることができます。文章力は小学校時代のように作文が書ける程度では書いた文章が採用されることはなく、様々な表現力などを使って同じ内容の文章でも全く別物の文章のように見せる表現力が求められます。

多くのフリーランスをしている人は最初は600文字程度の記事を作成して120円程度にしかならない仕事をしていますが、長く続けることによって文章力を上げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *