フリーランスは実力次第で稼げます

フリーランスは記事を書くことを仕事にしていますが、会社に所属せずに仕事をするということは非常に大変なことです。会社に所属している人は会社が仕事を持ってきて従業員が仕事をしてその対価として賃金を取得しますが、フリーランスの場合には誰も仕事を持ってきてくれないため、自分で仕事を持ってくる力と行動力が必要となります。最初は仕事を持ってくることは不可能ですが、最初は1文字に対する単価は0.2円と非常に安いのですが、出版社に文章力が認められると1文字当たりの単価が1円や2円へと上がり、非常に高い対価を得ることができるようになります。しかし、そこまで行くには文章に関する勉強をする必要があり、簡単に認められるものではありません。

最も実力が認められると出版社専属で仕事を貰うことができるため、一生、フリーランスとして生計を立てることができます。出版社専属のフリーランスになると仕事が途切れることはありませんが、必ず納期があるために納期を守らなければ直ちに契約の打ち切りになる可能性もあります。出版社専属になっても更に収入を上げるためには複数の出版社と契約をする必要があり、目が回るくらい忙しい毎日になります。フリーランスは非常に大変な仕事ですが、自分が作成した記事が雑誌に載ったときの快感は他の仕事では味わうことができないため、そこにやりがいを感じている人が長期的に続けることができます。

2社の出版社と契約ができると成功したと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *