離職防止に向けて出来ること

雇用主側が離職防止に向けて出来ることはいくつかありますが、風通しのよい職場を作ることや労働安全関係法令に従っての産業医の選任による健康管理なども重要なことです。

また雇用できる事業所であれば産業医との連携を図れる保健師の雇用も考える必要があります。重要なことは従業員の健康をしっかりと守りますよという意識です。職場での事故などが起きないような配慮はもちろんこと、長時間労働の是正や従業員からの苦情を受け付ける窓口の設置など出来ることはあります。さらに離職防止に向けて勤務時間外の労働を徹底して抑止することも大切です。

必要な残業であってもその仕事が従業員を増やすことで対処できるのであれば、そちらで対処をすることを考慮する必要があります。働く労働者の数が増えればその分だけ1人あたりの仕事量は減りますから、こうした点も考えることが求められます。従業員が不満を抱くそれも恒常的にずっと持つようになると、その後の対応が大変になります。

離職防止に向けて雇用主が対応を考えるとともに、必要な人員の確保と健康管理は欠かせませんので、法令遵守を元にさらに踏み込んだ対応も考える必要があります。産業医の選任でも適当に選ぶのではなく、たとえば内科などで臨床経験が豊富であり治療の実績と産業医としての豊富な経験を有する人などに依頼できると、従業員に対する対処もより適切なものになりやすいので、配置への考慮の余地が出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *