離職防止のためのツールやサービスに注目

近年、多くの企業が従業員の離職に頭を悩まされています。

多いのは特に若い人の離職で、新卒者の3人に1人が3年以内に離職しているというデータもあります。離職防止の取り組みを行うにあたってまず肝心なのは、離職理由を知ることです。まず最初にあげられるのは労働条件の悪さです。給与や休日休暇、勤務地などに不満があり、もっと自分の条件に合う転職先を求めて離職するケースです。若い人にとっては残業時間の多さなど業務方が引き金となることもあります。これを解消するには社を挙げての改革が必要です。

「残業をした社員にお金を支払うのではなく、残業をしない社員に手当を与える」という取り組みをして、離職防止に力を入れている企業もあります。人間関係がうまくいかず離職する人も多いようです。これを防止するためには、歳の近い先輩社員が若手社員を指導、サポートするメンター制度を導入することによって改善が見込めます。若手社員のコミュニケーション力が向上し、相互理解を深めることにつながります。

自分のやっている仕事に意義を見出せず、離職を考える若い人も増えています。特に新入社員は最初は下積みのような業務が多いため、「この仕事をしていて自分は成長できるのだろうか」と疑問に思うことも少なくありません。一方で、希望したのとは違う部署に配属されたなど、元々の仕事内容に不満があり離職するケースも後を絶ちません。こうした人たちの離職防止や定着率を向上させるツールやサービスが今、注目されています。退職者の傾向を分析して離職兆候のある従業員を知らせてくれたり、社内コミュニケーションを活発にし定着率を高めるツールです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *