離職防止対策として会社ができることは何か

何かと人材不足が深刻な問題になっている昨今です。

多くの企業は離職防止に努めなければならない状況に至っています。この人材不足が広がる背景には、確かに少子高齢化の問題があることは否めません。子ども自体が少なく、社会の中核をなす団塊世代の大量退職などもその原因と考えていいでしょう。しかし、終身雇用という古い働き方がなくなりつつあるこの現代社会では転職という選択をする人も多くなり、離職という問題もクローズアップされるようになってきました。ここで企業は離職防止の対策を進めることが急務となったわけです。

この時代で必要不可欠な人材もたくさんいます。たとえば、高齢化に向けて看護師や介護士なども今は全国的に求められている職業です。これらの有資格者や経験者を抱える職場では、なおさら離職防止に力を入れなければなりません。しかし、実際にはこのような職業では離職者が多いという事実があります。離職の要因と考えられるものはやはり業務の過酷さや待遇面、それから職場内での人間関係などの問題を挙げることができるでしょう。

従業員を抱える会社側としては、こうした離職の原因と考えられるものを明確に把握することが必要です。そして、それに対応する改革も重要になります。社員の入れ替わりが激しい会社は何かと敬遠されがちですから、そういうところにやってくる人も少なくなってしまうでしょう。出て行く一方でなかなか入ってこないという最悪な構図ができてしまわないうちに、何らかの対策を講じることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *