離職防止は目的を明確化してから

企業の人事担当者であれば必ずといって経験するのが従業員の離職防止に腐心することでしょう。

離職の原因は実に様々なものがあります。仕事が合わなかったという理由や上司との関係の悪化・会社の雰囲気になじめなかったなど様々な要因があり、何をどうして離職率を下げることができるのか見つけることは困難です。一方で同じ業界の中でも、離職率が低い企業も存在しています。この違いが何かを知ることが、離職率をどうするかという手順の始まりになります。まず最初に申し上げると、離職率が高い・低いは決して良い・悪いというものではありません。

もしその企業が積極的に独立や転職を推奨していて、離職率が高くてもそれは企業の戦略であるからです。離職率が低いということは、企業の新陳代謝が活発に行われないという側面もあります。活発に行われたほうが、自社にとってメリットがあるのかデメリットなのか見極める必要があります。もし技術を継承していく必要がある企業の場合は、離職率が低いほうが技術移転もなくノウハウも蓄積するため望ましい姿です。

このような業態で離職率が高い場合は、離職防止を行う必要があるでしょう。離職防止の方法には主に「採用」と「人材育成」の2つの面から行います。採用面では、継続して働きたい・難しい技術を習得してスペシャリストを目指したいというような人材層を採用することで離職率を下げることができます。一方で人材育成の場合は、キャリアデザインプランや福利厚生・研修など従業員が求めているものが何かリサーチすることから始まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *