離職防止に社員との対話は必須である

今の若い人たちの中には、就職して数か月で離職してしまう人もけっして少なくありません。

毎日笑顔で仕事をしていたにもかかわらず、ある日突然にラインで退職届を上司に送り、そのまま顔を合わせることがなくなったという事例も、嘘のような話ですが実際に起こっています。この退職届の出し方にも大きな問題はありますが、それ以上に会社側が考えなければならないことは、どうして辞めるのか、という退職理由を突き止めることではないでしょうか。会社を辞めるからにはそれなりの理由があるはずです。

確かにそういう社員を受け入れてしまったという人事面での問題もあるかもしれませんが、会社側としては離職防止ということに関しても十分に検討する必要があるでしょう。この離職防止に関しては、今、大企業や中小企業を問わずあらゆる企業が取り組んでいます。離職防止を専門的に扱っているコンサルタントもありますがら、そうしたところに問題解決を委ねているところもありますが、離職問題を自社で解決するために自分たちで独自の対策を講じている企業も少なくありません。

それでは可能な限り離職者を出さないようにするには、いったいどんなことが必要なのでしょうか。離職には労働条件や人間関係などさまざまな理由があります。しかし、そういった社員が抱える問題を上司が事前に把握できていないケースが多いです。離職防止で一番大切なことは、実は社員とのコミュニケーションになります。常に対話を怠らない姿勢が離職者を減らすことにもなるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *